台選びまで

upload:2010/05/28
update:2012/07/25
実際に台に座るまでに気を付けるべきことは何か。

ホール選び
台を選ぶ過程でもっとも大事なのはホール選びです。次に機種選び、そして最後に台選びです。
台は先ほどのアイムジャグラーEXの例のように機種ごとの特性を見て選べばいいのですが、じゃあどんなお店でもこの選び方をすれば勝てるのかというとそうではありません。
ツールを使って、たとえば設定5,6が80%だったとしましょう。5回このような台を打てば4回は高設定を打てる計算になりますが、実際は0〜3回とかだったりするでしょう。
判定の結果と、このずれはなぜ生じるのでしょうか。それはツールが、全ての設定が均等に設置されていると仮定して作られているからです。
わかりやすく言えば、朝一適当に台に座っても1/6の確率で設定6がつもれるってことです。こんなことはありえません。
設定5,6が一台もないホールでも、80%という結果になってしまうのです。

このことから、ホール選びが大事だということがわかると思います。高設定がないホールで高設定を探して立ち回るというのがもっとも危険な立ち回りです。
ホールの選び方は、高設定が多用されていて、ライバルが少ない、稼動がある程度ある、癖を読みやすい。などいろいろあると思いますが、他のサイトや攻略情報にあるのでそちらをご覧になってください。

それでは、ツールはまったく役に立たないかというとそうではありません。
回転数が多くなれば信頼度は増しますし、本サイトのツールは設定分配を考慮した判別ができるようになっています。
あくまでもツールは、判断要素のひとつであるということを忘れないでください。

機種選び
最近の機種は設定がわかりにくくなっています。
どういう意図でメーカーがそのようにしているのかはわかりませんが、機種選びは以前よりも慎重に行わなければなりません。
機種を選ぶときに一番重視するのが、判別のしやすさです。
小役確率や特定のボーナスに設定差があるタイプは判別がしやすいです。
ART中のハズレはサンプルがとりにくい、小役からのART突入率は内部状態を気にしなければならないため精度が落ちます。こういった機種はプラスアルファ(ボーナス中の演出など)が必要になります。

次に重視するのが機械割です。
どうしても設定6の機械割に目が行ってしまいがちですが、設定1や設定4の機械割に注意しましょう。
設定1の機械割が極端に低い場合は見切りを早くする必要性がありますし、設定1が甘い場合は回収しにくいため上が入りにくい可能性も考えなければなりません。
設定4の機械割が106%前後の場合は、高設定狙いで運悪く設定4だった場合でもある程度の見返りが期待できるためです。

最後に面白さです。
一般的な人はまずここから入りますが、勝つためには後回しにしてください。
ただ、面白い機種ほど稼働があがり、設定が入りやすい、ハイエナしやすい(逆に狙う人も増えてしにくい場合もある)、打っていてつらくない、などたくさんのメリットがあるので人気の台の情報は頭に入れておいて損はありません。

台選び
台を選ぶ基準は、機種によってもさまざまあると思うので、一例だけにします。
もっともメジャーなアイムジャグラーEXを例にとってみます。
この機種は、BIG確率にほとんど設定差がないのでREG確率が高い台を選びます。
理由は単純で、REG確率が高いほうが高設定の可能性が高いからです。
このことは、設定の存在を知っている方なら大抵知っていることでしょう。

よく、BIGよりREGが先行している台がいいと耳にします。
理由は、REG確率がいいから高設定の可能性が高い、それにBIGが出てないから収束するというのです。
確かに前者は納得ですが、後者は怪しいです。この辺については次の収束と波で詳しく説明します。
単純にBIGも引けている台は、前の人がどきにくいためあまり空いていないという理由からREG先行の台を打つ機会が多くなるということはあります。


[トップに戻る]