ツールの利用

upload:2010/05/28
update:2012/07/25
設定判別ツールとはどんなものなのかを説明しています。

設定推測
スロットを打つ上で欠かせないのが設定推測です。
ある役を引けば高設定確実とか、偶数奇数が見れる機種もあれば、小役の確率やボーナス確率から推測がしやすい機種もあります。
これらの総合的なデータから、それが各設定で起こりうる確率の統計を取ったものが設定判別の数値として導きだされます。
そのため、データに偏りがあったり、複数の判別要素があるほうがより正確な数値が得られます。

ボーナス確率から
朝から打てない場合、夕方からAタイプを打つことが多いのでボーナス確率から設定を推測することにならざるを得ません。
実はボーナス確率というのは、20000とか30000G回してやっとある程度収束するといわれているので、高々4000Gで判断するのは危険だということがわかります。
そのため、ツールのデータはあまり信用できませんが、使い方によっては役に立ちます。
それはどの設定の確率が高いか、ではなくて低設定をどれだけ否定できているかです。
設定6以上のボーナスを引いていれば設定1,2の合計は10%とかなので、これなら打ってみてもいいでしょう。
逆に設定5程度の引きだと、低設定の可能性はまだ捨てきれないので早めに切り上げるなど注意して打つ必要があります。

小役確率から
ボーナス確率は、数万Gが必要といいましたが、小役確率は数千Gである程度収束します。これを使わない手はありません。
しかし、小役に設定差がある機種は限られているのでなるべく差がある機種を狙ってみるといいでしょう。
終日打てば、ある程度の設定が見えてきます。

設定配分
!現在は設定配分を廃止の方向でツールを作っています!
台選びまででも少し触れましたが、このサイトのツールは「設定配分」という項目があります。
これはお店側の平均機械割が設定値になるように台が分配されていると仮定した判別が可能になります。
どういうことかというと、たとえば設定1の機械割が98%、設定3の機械割が102%だった場合、それぞれ同数の台が設置されている可能性が高いです。その場合、判別結果にはそれぞれ50%ずつの確率をかけた値が出てきます。
そのほかの設定の組み合わせでも、それぞれ数値を出し、総合的にあわせた設定配分を最終的な数値にかけています。

均等の場合、機械割の平均が100%を超えてしまうため、実際のホールの設置状況とは差があることがわかります。
他の数値でも、それぞれの設定の組み合わせが均等に起こりうるとして算出しているため、たとえば中間が多く高設定を使っていないホールや逆に高設定を多く設置しているホールの場合は結果が違います。
実際の配分の割合は、何もデータを入力しない状態で判別したときの確率を見ればわかります。

100%、99%、98.5%、97.5%とありますが、目安として100%はよほどのイベントでなければありえません。
99%は稼動がよい優良店やイベントだった場合の数値です。
98.5%は通常営業で考えられる数値です。
97.5%というのは、ほとんど設定が入っていないと思われるホールの数値です。
通常は、「均等」か「100%」で判断するのがいいでしょう。
「98.5%」に設定して、平均機械割が100%を超えているかどうかで見切りをつけるのも手ですね。

[トップに戻る]